Photoshop|錆びついた銅のテキストエフェクトの作り方チュートリアル

Copper-43.jpg

Photoshop(フォトショップ)CS3で、劣化してさびた銅の質感のテキストエフェクトを作るチュートリアルです。

このチュートリアルでは『錆:さび』をデザインする為に、テキストにたくさんのレイヤースタイルをかけます。

一度作ってスタイルに登録しておけば、ダメージ&グランジ系デザインのアクセントとして使えると思います。

 

まずはPSDダウンロード(11.7MB)

【ステップ1】

編集>新規(幅800:高さ600px、解像度:72px、背景:黒)で新規ファイル作成。
背景を黒く塗りつぶします。

Copper-1.jpg

まずキャンバスのどこにテキストを配置するかイメージしておいた上で、フリー素材より老朽化した質感の壁を選び、キャンバスにスマートオブジェクトで配置します。

(※今回は『フリーフォト素材|写真素材 足成ヤッホーさんの写真を使って合成しました。)

Copper-2.jpg

新規調整レイヤー>色相・彩度、レベル補正でお好みに調節します。
(レイヤー or フォルダ名:BG)

Copper-3.jpg

【ステップ2】

錆色を演出する時に"茶色"よりも"緑色"を操作した方がより良い質感が出せます。

新規レイヤー(Green spots)作成>ブラシ『マスター半径:60px、色:#1A3404』で下の画像のようにランダムに描きます。

Copper-4.jpg

レイヤー>レイヤーの描画モード『覆い焼きカラー』を選択。

Copper-5.jpg

【ステップ3】

すべてを選択(⌘ or Ctrl + A )>選択範囲>選択範囲を変更>境界線をぼかす『ぼかしの半径:40px』次に選択範囲>選択範囲を反転を選択。

Copper-6.jpg
Copper-7.jpg

【ステップ4】

新規レイヤー(Frame)を作成>黒で塗りつぶし>フィルター>変形>波形を下の図のように設定します。
ここで【ステップ1】の背景の新規調整レイヤー>色相・彩度を調整。
もうすこし暗くしてよりダークなイメージにします。

Copper-8.jpg

【ステップ5】

新規レイヤー(Light)作成>グラデーションツール『色:白→黒、反射形グラデーション』で画像の真ん中から右下へグラデーションを引きます。

Copper-9.jpg

イメージ>色調補正>トーンカーブを下の画像のように設定します。

Copper-10.jpg

レイヤー>レイヤーの描画モード>オーバーレイを選択。
注)この"Light"レイヤーはステップ14まで、どのレイヤーよりも必ず上に置いてください。

Copper-11.jpg

【ステップ6】

ここからテキストエフェクトの醍醐味が始まります。文字ツールで好きなテキストを入力します。

Copper-12.jpg

【ステップ7】

入力したテキストに下の画像のようにレイヤースタイルをかけていきます。

(1)グラデーションオーバーレイ
『スタイル:線形、角度:140°、比率:150%、グラデ5色:#000000, #160700, #743e14, #421F01, and #050505』

(2)境界線
『サイズ:3px、位置:外側、塗りつぶしタイプ:グラデーション、スタイル:線形、角度:-95°、グラデ5色:#803C17, #A44F30, #52230F, #52230F, and #381408』

Copper-13.jpg
Copper-14.jpg
Copper-15.jpg

【ステップ8】

ひきつづき下の画像のように影のレイヤースタイルをかけていきます。
最初に、"シャドウ(内側)" それから "ドロップシャドウ" をつけます。
両スタイルともブレンドモード "乗算" で行うように注意してください。

Copper-16.jpg
Copper-17.jpg
Copper-18.jpg

【ステップ9】

次にカラーオーバレイ『描画モード:覆い焼き(リニア)- 加算、色:#742901』を加え、
サテン『描画モード:乗算、不透明度:16%、角度19°、距離:1px、サイズ:14px』

Copper-19.jpg
Copper-20.jpg
Copper-21.jpg

【ステップ10】

次にカラーオーバレイ『描画モード:覆い焼き(リニア)- 加算、色:#742901』を加え、
サテン『描画モード:乗算、不透明度:16%、角度19°、距離:1px、サイズ:14px』

このステップが、『錆:さび』のチュートリアルの中で最も重要です。下の図のように

ベベルとエンボス『スタイル:ベベル(内側)、テクニック:シゼルハード、深さ:715%』
ベベルとエンボス>輪郭『アンチエイリアス:ON、範囲:50%』
ベベルとエンボス>テクスチャ『アンチエイリアス:ON、範囲:50%、パターン:Rusty Metal』

Copper-22.jpg
Copper-23.jpg
Copper-25.jpg
Copper-26.jpg

【ステップ11】

今まで作ていたテキストを⌘ or Ctrl + クリックして、選択範囲で囲みます。
選択範囲>選択範囲を変更>縮小『縮小量:4px』します。

Copper-27.jpg

【ステップ12】

新規レイヤー(Inner Effects)作成>黒で塗りつぶします。

Copper-28.jpg

レイヤースタイルの "光彩(内側)" と "サテン" を下の画像のように設定し、レイヤーの塗りを0%にします。

Copper-29.jpg
Copper-30.jpg
Copper-31.jpg

【ステップ13】

"ステップ6" のテキストレイヤーの下に同じものを複製(レイヤー名:Text shadow)し、
レイヤースタイルをいったん全て不可視にします。
フィルタ>ぼかし>ぼかし(移動)『角度:45°、距離:350px』

Copper-32.jpg
Copper-33.jpg

レイヤースタイルを再びONにして、文字の上の部分のはみ出した影を消します。

Copper-34.jpg

【ステップ14】

光線を加えます。
長方形ツールで縦長の長方形を4〜5本横に並べ、"Light"レイヤーの上に置きます。
上の長方形を全て選択>スマートオブジェクト化(レイヤー名:Light stripes)

Copper-35.jpg

下の画像のように遠近感が出るようにワープモードで変形します。

Copper-36.jpg

フィルタ>ぼかし>ぼかし(ガウス)『半径:10px』

Copper-37.jpg

レイヤー『描画モード:オーバーレイ、不透明度:40%』

Copper-38.jpg

【ステップ15】

"Light stripes"レイヤーを⌘ or Ctrl + クリックし、"Text Shadow"レイヤーにフォーカスを合わせ選択範囲を消去します。

Copper-39.jpg
Copper-40.jpg

【ステップ15】

仕上げにレイヤーの一番上に、古ぼけてダメージのある紙の素材をお好みで配置します。
レイヤー『描画モード:オーバーレイ、不透明度:50%』にします。

Copper-41.jpg

【ステップ16】

今回『WE DESIGN』というテキストを追加します。

【ポイント】レイヤースタイルの比率を保つ為に以下の順序で進みます。

まずテキストの級数を、先にある文字と同じくらいの大きさで入力します。
上で作った "劣化して錆びたレイヤースタイル" を全てコピー&ペースト>スマートオブジェクト化>好きな大きさに変形します。

Copper-42.jpg

これで完成です。

Copper-43.jpg

PSDダウンロード(11.7MB)

和訳原文:"How to Create a Copper Photoshop Text Effect - PSDTUTS"

関連記事はこちら

UP↑

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Photoshop|錆びついた銅のテキストエフェクトの作り方チュートリアル

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://weska.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/165

コメントする

アーカイブ

2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

ダイナマイト・ドラマー

名前:ダイナマイト・ドラマー
職業:Webデザイナー
好物:牛のたたきとビール