Photoshop|光とぼかしを使ったクールなエフェクトの作り方チュートリアル

Bokeh-13.jpg

Photoshop(フォトショップ)CS3で、光とぼかしを使ったクールなエフェクト画像の作り方のチュートリアルです。
このチュートリアルは、比較的簡単な手法で作れるので、バリエーション次第でいろいろ使えそう。

 

まずはPSDダウンロード(980KB)

1. 編集>新規(幅800px:高さ600px、解像度:72px)で新規ファイル作成。
背景を黒に近いグレー(*例:#262626)で塗りつぶします。
注)完全に黒にすると、エフェクトの効果が得られません。

 

Bokeh-01.jpg

 

2. 新規レイヤー(shape1)に楕円形選択ツールで黒で正円を描きます。
注)背景レイヤーを非表示にしておくと見やすいです。

 

Bokeh-02.jpg

 

3. 円を選択範囲で囲み、編集>ブラシを定義。
好きな名前をつけて、新しいブラシを作ります。(ここではBokeh)
注)このレイヤーはブラシを作る為だけのものなので、非表示にしておきます。

 

Bokeh-03.jpg

 

4. ウインドウ>ブラシ(F5)
ブラシパレットから新しく作ったブラシ(Bokeh)を選び、間隔を100%にします。(画像1)
ブラシ先端のシェイプ>『シェイプ:画像2』『散布:画像3』『その他:画像4』を下の写真の値に設定します。

 

Bokeh-04-7.jpg

 

5. 泡を描く前に、背景レイヤーを表示させ、
新規レイヤー(Gradation)を作り黒で塗りつぶし(塗り:0%)
レイヤースタイルでグラデーションを引きます。

レイヤー(Gradation)>レイヤースタイル>グラデーションオーバーレイ『描画モード:オーバーレイ、不透明度:100%、スタイル:線形、角度:45°』
配色『黄色:#d2cb00、シアン:#1bdaeb、紫:#9b3b81、オレンジ:#d27e34』

 

Bokeh-08.jpg

 

6. レイヤーに新規フォルダ(Bokehs)を作り、
レイヤーの描画モード設定>覆い焼きカラー設定、その中に新規レイヤー(Bokeh1)を作り、
先程作ったブラシ『Bokeh』でランダムに円を描きます。
(ブラシの直径は250px〜300pxくらい)

 

Bokeh-09.jpg

 

7. フィルタ>ぼかし>ぼかし(ガウス)『直径:10px』を選択。

 

Bokeh-10.jpg

 

8. 新規レイヤー(Bokeh2)をBokehsフォルダ内に作り、
先程より小さいブラシの直径(150px〜250px)で円を描きます。
フィルタ>ぼかし>ぼかし(ガウス)『直径:2px』を選択。

 

Bokeh-11.jpg

 

9. 同じ様に、新規レイヤー(Bokeh3)を作り、
先程より小さいブラシの直径(50px〜150px)で円を描きます。
フィルタ>ぼかし>ぼかし(ガウス)『直径:0.2px』を選択。

 

Bokeh-12.jpg

 

10. 最後に好きな名前を入れて完成です。

Bokeh-13.jpg

PSDダウンロード(980KB)

和訳原文:"Awesome digital bokeh effect in Photoshop"

関連記事はこちら

UP↑

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Photoshop|光とぼかしを使ったクールなエフェクトの作り方チュートリアル

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://weska.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/138

コメント(2)

きれいですね!
こんな使い方ができるとは知りませんでした。
とても参考になりました。

Hi! I found your blog on .It's really comprehensive and it helped me a lot.

Continue the good work!

コメントする

アーカイブ

2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

ダイナマイト・ドラマー

名前:ダイナマイト・ドラマー
職業:Webデザイナー
好物:牛のたたきとビール